※ 「そもそもスズメバチかどうかわからない」「他の蜂の種類も確認したい」 という方は、こちらの記事をご覧くださいね。蜂の種類と見分け方を解説しています。 ︎蜂の種類と特徴:見分け方と危険性を知る. 日受付

クロスズメバチ属のうち日本に生息しているのは、「クロスズメバチ」「シダクロスズメバチ」「ツヤクロスズメバチ」「キオビクロスズメバチ」「ヤドリスズメバチ」の5種です。どの種も黒っぽく、白または黄色のしま模様があるのが特徴です。 ヤドリスズメバチは、チャイロスズメバチと同じくほかのスズメバチの巣を乗っ取るスズメバチですが、自分では働き蜂を産まないですべて寄生先の蜂に頼って生活をします。 ここでは、クロスズメバチ属の中でもっともポピュラーな「クロスズメバチ」につい … 日本に生息するハチで人への被害が多いのはスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチの3種類の蜂がいます。実はこの中でも、細かく種類に分けれます。今回は蜂の種類と特徴、巣の見分け方、対処法と予防方法について紹介します。

蜂という生き物に抱くイメージは人それぞれ千差万別です。おいしいハチミツを作ってくれる有 ... 蜂に刺されてしまったらすぐに適切な処置をおこなってください。蜂に刺されると痛み、かゆみをともなう腫れが生じることはもちろん、まれに「アナフィラキシーショック」という命にかかわる ... 蜂の巣の駆除後には、生き残った蜂がふたたび戻ってこないように対策をする必要があります。 アフリカナイズドミツバチ(アフリカ化ミツバチ、Africanized honey bee, AHB)はアフリカミツバチ(Apis mellifera scutellata)とセイヨウミツバチ(A. (英語版)Smith, D.R., Taylor, O.R., Brown, W.M. Genetic structure of Africanized honeybee populations (.

“巣を撤去したのに同じ場所でまた蜂を見かける”という状況は、決してめずらしくありません ... 毒のついた針で襲ってくる危険な生物である“蜂”。刺されると痛みだけでなく、最悪の場合は死に至ることもあり、多くの人が蜂は危険な生物だと認知していることでしょ ... 記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。, https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/149486/. (1989). 時間365 日本に生息する蜂の種類は、なんと4,000種以上ともいわれています。人を刺すことのある蜂として有名な「スズメバチ」「アシナガバチ」「ミツバチ」のほかにも、危険性の低い「クマバチ」「ドロバチ」「ハキリバチ」など、じつに多種多様な蜂が生息しているのです。もしも身近で蜂を見かけたら、まずは種類を特定しましょう。蜂は種類によって性質や危険度が違い、対処法も変わってきます。この記事では、日本で見かけやすい蜂の生... おもに屋根裏、床下、木の洞などの閉鎖空間。軒下や木の枝などの開放的な空間に営巣することもある。, 藁(わら)の管や竹筒、樹木の洞。土中に住む種類もいる。コンクリートの壁や屋根裏に巣を作られることもある。. m. ligustica 及び A. m. iberiensis)の交雑種。攻撃性が強く、人間の死亡例も多いために恐れられているが、地域によっては生命力の強さが買われて養蜂に使われている。また、セイヨウミツバチとの交雑が進んだため、最近では攻撃性が弱まりつつある。別名キラービー (killer bee)、アフリカナイズドビー (Africanized bees)、アフリカ蜂化ミツバチ。, 恐ろしいアフリカナイズドミツバチだが、中央アメリカでは養蜂に使われている。中央アメリカでは古代から養蜂にハリナシバチ (Stingless bee) を使っていたが、アフリカナイズドミツバチの方がプロポリスなどを集める能力に優れていたため、多くの養蜂家がこれに切り替えている。とはいえ、アフリカナイズドミツバチは多くの地域で侵略的外来種扱いされている。, アフリカナイズドミツバチは熱帯に強いとされているが、北緯39度付近(ミズーリ州カンザスシティと同じ緯度)でも観察例がある。逆に南アメリカ南部では見つかっていない。北部にわたったアフリカナイズドミツバチは、現地のセイヨウミツバチとの交雑が進んで今ではアフリカミツバチ由来の遺伝子は大分薄められており、アフリカナイズドミツバチが危険とされている地域はアメリカ合衆国南部に限られている。, アメリカ大陸にはもともとミツバチがおらず、ヨーロッパからの移民がセイヨウミツバチを持ち込んだものであり、熱帯の飼育には適していなかった[1]。そこで1957年、ブラジルの生物学者、ワーウィック・カー(またはケール) (Warwick Estevam Kerr) はサンパウロ州にある研究所で、タンザニア原産のアフリカミツバチの持つ熱帯での生存能力に注目し、セイヨウミツバチと掛け合わせて、熱帯地方での養蜂に適した品種を作り出そうとした。, それが逃げ出し、ヨーロッパ人によって以前から養蜂のために持ち込まれていたセイヨウミツバチと交配してアフリカナイズドミツバチが生まれた。カーは産卵能力を有する女王蜂が巣箱から逃げ出さないよう隔王板(女王蜂より小さく働き蜂より大きな穴が空いた板)を設置していたが、たまたまそれを見た地元の養蜂家が飼育のじゃまになると考えて取り除いてしまったのがきっかけだという[1]。なお、アフリカミツバチの種類は当初はApis mellifera adansonii と考えられていたが、その後の分析でA. !. (2006).

AFRICANIZED BEES: They are here to stay.

m. scutellata)も、南アフリカ共和国で多くの人を殺している。, アフリカナイズドミツバチは、扇情的なテレビや報道の影響もあり、多くの人に恐れられてきた。ただし、アメリカ合衆国では1990年から2004年7月の間にこのハチにより14人が死亡しているが[7]、これは同じ期間の毒蛇被害よりも少ない。, このハチが人口密度が高いフロリダに侵入した際、州の担当者は市民が過剰な反応をしないよう「Florida African Bee Action Plan」という対策計画を作成している。その中には「ニュース報道により、市民がこのハチに過剰に反応する恐れがある。例えば、郊外でのミツバチの飼育を禁止させる、といった要求がでることも予想される。しかしこれは対策としては逆効果であり、一般にはセイヨウミツバチはアフリカナイズドミツバチの侵入を防ぐ」などと解説されている[8]。, 一説によると、アフリカナイズドミツバチは巣の移動などの明確なきっかけが無くても時々女王蜂が交替するため、群れの性格が変わり、凶暴性を増すことがある[要出典]。そのため、アフリカナイズドミツバチの存在は、ミツバチによる人工授粉 (pollination management) を行っている農家等にとって脅威となっている。, メキシコではアフリカナイズドミツバチの農業利用方法が確立されている。メキシコの養蜂家は、購入した普通のミツバチにアフリカナイズドミツバチのオスを交配させて生ませた第1世代の女王蜂が優れた特性を持つことに気付いた。この女王蜂が作るコロニーの働き蜂はそれほど防衛本能が強くなく、養蜂家は比較的安価で安全なアフリカナイズドミツバチの働き蜂を手に入れることができる[要出典]。, アフリカナイズドミツバチは蜂蜜よりもむしろ、樹脂の一種プロポリスを多く集める特性があり、これが健康食品として注目され、ブラジルではこのハチの利用が広がっている[2]。ブラジルでは、アフリカナイズドミツバチは、殺し屋バチと呼ばれている。ブラジルでは一部の人の間で、セイヨウミツバチの働きバチがエサ取りに出ている隙に、アフリカナイズドミツバチの女王蜂が元の女王を殺し、コロニーを丸ごと乗っ取ると信じられている。もっとも、この伝説を裏付ける実験的事実は無い。この性質を持つケープミツバチ (Apis mellifera capensis) の話と混同しているのかもしれない。, Florida Department of Agriculture and Consumer Services, MSNBC, 'Killer bees' descend on New Orleans, Honey Bees & Africanized Honey Bees - FAQs, U.S. Department of the Interior National Biological Service. スズメバチ・蜂の巣駆除の適正料金を口コミ調査!安心な業者の費用相場とは?, 日本に生息する蜂のなかでも、「スズメバチ」「アシナガバチ」「ミツバチ」はとくに刺されたり襲われたりする危険性が高いため、注意が必要です。, スズメバチとアシナガバチは幼虫のエサとして昆虫やクモなどを狩る狩り蜂(カリバチ)、ミツバチは花粉や花の蜜を集める花蜂(ハナバチ)です。, 3種類とも活動時期は基本的に春~秋で、スズメバチは7~10月ごろ、アシナガバチは7~8月ごろと、どちらも暑い時期に攻撃性が高まります。一方、花蜂であるミツバチにとっては、花の少ない夏は活動がゆるやかになる休息時期です。ミツバチは、活動しはじめの2~3月と越冬準備中の10~11月に攻撃性が高まります。, スズメバチとは、ハチ目スズメバチ科スズメバチ亜目に属する昆虫の総称です。蜂のなかでもっともおそろしい存在で、日本には17種類のスズメバチが生息しています。, 17種類のなかでもスズメバチ属の仲間は強力な毒と攻撃性をもっており、とくに危険な種類の蜂です。日本全国に広く分布し、都市部での被害も多い「オオスズメバチ」「キイロスズメバチ」「コガタスズメバチ」について詳しく解説していきます。, オオスズメバチは非常に強い攻撃性と毒性をもっています。毒針で刺されたときの痛みは“金属バットで殴られたようだ”と形容されることもあるほどです。毒液を飛ばして攻撃することや、強い大顎で噛みついて攻撃することもあります。, キイロスズメバチは都市環境にもっとも順応したスズメバチです。攻撃性、毒性ともにオオスズメバチにつぐ強さで、人への被害が一番多い種類の蜂です。, コガタスズメバチも都市環境に順応し、住宅街に巣を作る蜂です。基本的には開放空間に営巣しますが、樹木の枝葉に隠れるように作られた巣はなかなか見つけられません。気づかずに刺激してしまわないように、庭木の剪定をおこなうときなどは十分に注意してください。, アシナガバチは、ハチ目スズメバチ科アシナガバチ亜目に属する昆虫で、スズメバチに比べるとおとなしい性格だといわれています。ただし、毒性が強い種類もおり、刺されたときの痛みがスズメバチに勝るとも劣らないほどになることもあるので注意が必要です。, 11種類のなかでも、都市部で見かけることが多い種類はアシナガバチ属の仲間でしょう。とくに生息数の多い「セグロアシナガバチ」「フタモンアシナガバチ」「キアシナガバチ」の特徴を詳しくご紹介します。, セグロアシナガバチは日本のアシナガバチのなかで最大級の体をしています。毒性も非常に強く、刺されると激しい痛みが生じます。攻撃性もやや高く、アシナガバチのなかでもっとも被害件数が多い種類です。, フタモンアシナガバチは軒下などに下向きの巣を作るだけでなく、壁面や植物の茎などに横向きに営巣することも多いのが特徴です。草むらなどの緑の多い環境を好むため、草刈りや剪定の際にあやまって巣を刺激する事故がたびたび起こっています。, キアシナガバチもセグロアシナガバチと同様に大きな体と強い毒をもっています。さらに、日本のアシナガバチのなかではもっとも攻撃的な種類で、巣に近づくだけで威嚇や攻撃をしてくるほどです。, ミツバチは、ハチ目ミツバチ科ミツバチ属に分類される昆虫です。日本には「セイヨウミツバチ」と「ニホンミツバチ」(トウヨウミツバチの亜種)の2種類が生息しており、どちらも花粉や花の蜜を採集して栄養源としています。, 毒性も弱く、基本的には穏やかな性格だとされるミツバチですが、集団攻撃には注意が必要です。ほかのハチ類よりも大規模なコロニーを形成し、巣の危機に際しては一丸となって敵に立ち向かいます。, 一方、同じミツバチ科の仲間である「マルハナバチ」のコロニーは小規模です。また、「クマバチ」は群れを作らず単独行動する蜂で、どちらもミツバチよりもさらに攻撃性の低い蜂だといわれています。, セイヨウミツバチは養蜂のために明治時代にアメリカから輸入された外来種だといわれています。採取できるハチミツの量が多く、飼育しやすい種類です。ただし、セイヨウミツバチは天敵であるスズメバチに対抗する術をもたないため、野生化することはほとんどありません。, ニホンミツバチはもともと日本に生息していた在来種です。採密量はセイヨウミツバチの5%程度と少なく、巣箱の環境が気に入らないと逃亡してしまうこともあるため養蜂が難しい種類です。, ニホンミツバチは「熱殺蜂球」という技でスズメバチに対抗することができます。巣に侵入しようとするスズメバチを集団で球状に取り囲み、筋肉の収縮によって温度を上昇させて蒸し殺すのです。この技があることによって、ニホンミツバチは野生下でも生息することができます。, マルハナバチは、ハチ目ミツバチ科マルハナバチ属の昆虫です。ミツバチと同じく花粉や花の蜜を採集します。マルハナバチのコロニーはミツバチほど大きくなく、小規模な集団で生活しています。, まるまるとした大きめの体でブンブンと羽音を立てて飛ぶため恐れられることもありますが、性格は非常におとなしく危険性の低い蜂です。, クマバチは、ハチ目ミツバチ科クマバチ属の昆虫です。ミツバチやマルハナバチと同様に花粉や花の蜜を栄養源としています。がっしりとした見た目や大きな羽音に反して、とても大人しい性格です。, ミツバチやマルハナバチと違うのは、群れを作らず単独で行動するという点でしょう。集団で襲われる危険もないですし、直接手でつかむなどの攻撃をしないかぎり刺される心配はほとんどありません。, ただし、同じ巣穴に何年も住み続けるという特徴があるため、住みつかれたくない場合には枯れ木や木材を撤去するなどの対策をおこないましょう。, 「蜂」と聞くと、毒針で人を刺す危険な生き物をイメージする方が多いでしょう。事実、スズメバチなどは強い毒性や攻撃性をもち、ときには命を奪われることもあるほど危険な蜂です。, しかし、人を刺す蜂というのは、数多くいるハチ類のなかのほんの一部なのです。日本にはなんと4,000種類を超す蜂が生息しています。, スズメバチやアシナガバチ、ミツバチなどの集団で生活する蜂は、「女王蜂」「働き蜂」「雄蜂(おばち)」という役割の違う3種類の蜂で群れを作っています。, 3種類の蜂のなかで毒針をもちうるのは、メスである女王蜂と働き蜂のみです。じつは、蜂の毒針というのは卵を産むための「産卵管」が変化したものであり、産卵管をもたないオスの蜂には毒針がないのです。, ミツバチ科の仲間として紹介した「クマバチ」がそうであるように、社会性をもって集団で生活する蜂に比べて単独で行動する蜂は危険性が低いです。集団で生活する蜂は巣や女王蜂を守るためにそれぞれの役割をまっとうし、ときには身をていしてでも外敵を襲撃します。しかし、単独行動をする蜂は守るべき仲間がないため、進んで攻撃を仕掛けることがないのです。, ドロバチとは、ハチ目ドロバチ科(またはスズメバチ科ドロバチ亜科)に属する昆虫の総称です。名前のとおり、泥や土を使って壷(つぼ)のような形の巣を作ります。, 巣が完成すると青虫を捕まえてきて、麻酔をかけたような状態で生きたまま貯蔵します。そしてそこに1~2個の卵を産み付け、卵と青虫だけを残して出入り口を泥で塞ぎます。, 多くの蜂は生まれた幼虫に花の蜜や昆虫などのエサを与えて子育てをおこないますが、ドロバチは産卵後はいっさい面倒を見ません。生まれた幼虫は青虫を食べて育ち、ひとりで羽化して飛び立っていくのです。, ハキリバチとは、ハチ目ハキリバチ科に属する蜂の総称で、ハキリバチ科のなかでも「オオハキリバチ」や「バラハキリバチ」などさまざまな種類に分かれます。, ハキリバチの仲間の特徴は、メスのあごが大きく発達していることです。メスはあごで器用に植物の葉を半月型にくりぬき、巣に利用します。, ハキリバチの多くは竹筒のような細長い穴がある場所に巣を作り、葉を仕切りなどに利用して卵を産み付けます。もし写真のようにきれいに半月型にくりぬかれた葉を見つけたら、それはきっとハキリバチのしわざです。, アナバチとは、ハチ目アナバチ科に属する昆虫の総称です。藁などの管や竹筒、土の中に掘った穴で生活し、キリギリスなどの虫を狩って幼虫に与えます。畑を荒らす昆虫や、種類によってはゴキブリを狩ることもある益虫です。, こちらから攻撃しないかぎり刺されることはまずありませんが、刺されたときの痛みは激しいようです。危険性の低い蜂だからといって、不用意に触らないようにしましょう。, ハチ類が属する「ハチ目」の昆虫は、腹部にくびれのある「細腰亜目」(ハチ亜目)とくびれのない「広腰亜目」(ハバチ亜目)に分かれます。, スズメバチなどがそうであるように、くびれのある「細腰亜目」の蜂の産卵官は鋭い針状に変形しているのです。他方、くびれのない「広腰亜目」の蜂の産卵官は純粋に卵を産み付けるためのもので、人の皮膚を貫けるほどの強度がありません。, ハバチは、ハチ目ハバチ科に分類される昆虫です。植物の葉をエサとし、農作物を食害してしまうこともしばしばあります。種類によっては植物の茎に卵を産み付け、枯らしてしまうこともあります。, 家庭菜園をしている方や、ツツジなどの庭木を育てている場合には園芸用の殺虫剤を使用して対策をおこなうとよいでしょう。, クキバチは、ハチ目クキバチ科に属する昆虫です。花の茎や樹木の新梢(新しく伸びた枝)に傷を付けて卵を産み付けます。傷を付けられた茎や枝は枯れ、産まれた幼虫によって茎の内部が食害されます。ハバチと同様に園芸の大敵ですが、ふいに現れて産卵が済むとすぐに飛び立ってしまうため根本的な駆除は難しいかもしれません。, キバチは、ハチ目キバチ科に分類されます。衰弱した木を好んで卵を産み付け、孵化(ふか)した幼虫は材木をエサとして育ちます。, ハバチやクキバチのように植物を枯らしてしまうことはありませんが、キバチに産卵された木材は断面が変色してしまいます。そのため、林業をおこなう方にとっては見過ごせない害虫となっているのです。, 蜂の仲間には、花の蜜を集めたり昆虫を狩ったりすることなく、動植物に寄生することで繁殖する「寄生蜂」という種類も存在します。, 「アオムシコバチ」は、アゲハチョウの仲間などの幼虫に寄生して、幼虫の体をエサに成長する蜂です。アオムシコバチは、チョウが蛹(さなぎ)になりかけている時期にうまく蛹の中に卵を産み付けます。, チョウの蛹の中では小さな体のアオムシコバチの幼虫が多数孵化し、チョウの幼虫をすぐには死なない程度に徐々に食べます。やがて、チョウが蛹から羽化するころになると、蛹の表面に小さな穴があき、羽化したアオムシコバチの成虫が出てくるのです。, このとき、アオムシコバチが出てきた蛹の中はほとんど空洞になっていて、蛹の宿主であるチョウの姿はどこにも見当たりません。とても残酷なやり方にも感じますが、これも小さな蜂が命をつなぐための生存戦略なのです。, 寄生蜂にはほかにも「アゲハヒメバチ」や「アオムシコマユバチ」などさまざまな種類がいます。, ここまでご紹介したとおり、蜂には危険性の違う数多くの種類が存在します。なかには強い毒性や攻撃性をもつ種類もあるため、蜂に遭遇したときには十分に注意して以下のような対処をしましょう。, 最初におこなうことは、見かけた蜂や蜂の巣から十分に距離をとることです。もしスズメバチなら、こちらが何もしなくても攻撃してくるかもしれません。, もちろん、見かけたのが危険性のない蜂である可能性もあります。しかし、蜂について詳しい知識がなければ、ぱっと見ですぐに蜂の種類を特定するのはなかなか難しいものです。蜂を見かけたらまずは安全を確保しましょう。, また、黒っぽい服装、香水や整髪料などの匂いは蜂を刺激しやすくなります。アウトドアの際には白っぽい衣服を着用し、匂いに気をつけることも大切です。ご自宅付近で蜂を見かけるという場合にも、黒色のものを身に着けることや香りの強いシャンプー、柔軟剤などの使用は避けたほうがよいでしょう。, 見かけた蜂が毒針をもたない蜂であれば刺される心配はありません。また、毒針をもつ蜂であっても、スズメバチのように攻撃性が高い蜂でなければ差し迫った危険はないといえるでしょう。穏やかなマルハナバチやクマバチ、単独行動をするドロバチなどであればしばらく様子を見てもよいかもしれません。, また、アシナガバチやミツバチの場合でも、こちらから刺激を加えたり巣に近づいたりしないかぎりはすぐに襲ってくる危険性は低いです。, ただし、蜂の数が多い場合や家の中に巣を作られている場合など、身の危険を感じるときには早めの駆除をおすすめします。蜂の巣駆除は信頼できる業者に依頼するのが一番安心ですが、被害が小さければ自力で対処することも可能です。, もし見かけた蜂がスズメバチかもしれない場合は、むやみに近寄らず、できるだけ早く業者に駆除を依頼しましょう。また、目視で蜂の種類がすぐに特定できない場合も、プロに相談することをおすすめします。, スズメバチは凶暴で毒も強いため、プロでも怖いと感じることもあります。スズメバチを自力で駆除するのは危険なので、やめておきましょう。, 蜂に刺されると、毒の作用によって刺された部分に痛みや腫れが生じます。複数回蜂に刺されたり一度に大量に刺されたりすると、じんましんや腹痛、血圧低下など、全身症状であるアレルギー反応が引き起こされることもあります。, アレルギー反応が重症化し、ショック症状をおこした状態は「アナフィラキシーショック」と呼ばれ、短時間で死にいたるケースもあるのです。, 蜂に刺されたときは流水で洗い流すなどの応急処置をおこない、少しでも体調の変化を感じたらすぐに医療機関を受診するようにしてください。, 日本には4,000種類以上の蜂が生息しています。そのなかで人を刺すことのある蜂というのはごく一部の種類です。, とくに、スズメバチはもっとも警戒すべき蜂で、つぎに被害が心配されるのがアシナガバチ、場合によっては危険が高まるのがミツバチです。それぞれさらに細かい種類に分かれ、体の特徴や毒性、攻撃性が異なります。, もしも蜂を見かけたときには、種類を見分けて正しく対処しましょう。人を刺さない蜂や、受粉の手助けをしてくれる有益な蜂もいるので、むやみに殺生することなく共生していきたいものですね。, ただし、人を刺す蜂に巣を作られた場合、放置すれば重大な事故にもつながりかねません。危険な蜂に巣を作られたときは、生活110番に駆除をご依頼ください。見かけた蜂の種類がわからないというときにも、お気軽にご相談いただけます。, 「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。, 通話料無料 24